和柄アロハシャツで決めろ!男のモテファッションアイテム

アロハシャツを着こなす男性に好感が持てますか?アロハが似合う芸能人を紹介します。

BEGIN(バンド)

BEGIN(ビギン)は、沖縄県石垣市出身の、3人からなる日本のアコースティックバンド。所属事務所はアミューズ。レコード会社はImperial Records。沖縄出身のイメージが強く、「沖縄と言えばBEGIN」「沖縄の歌の神様」と呼ばれているほど。「イカ天」からデビューしたバンドが次々と解散する中、現在でもメンバーチェンジも無く活動を続けて着実にファンを増やし、安定した人気を保っている。「涙そうそう」、「島人ぬ宝」で紅白歌合戦にも出場した。

NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』にも出演している。

Aloha Oe

メンバー

◇比嘉栄昇(ひが えいしょう) : ボーカル、ギター - 1968年7月15日生 血液型A型

◇島袋優(しまぶくろ まさる) : ギター・コーラス - 1968年9月23日生 血液型A型

◇上地等(うえち ひとし) : 電子ピアノ・コーラス - 1968年6月23日生 血液型A型

来歴

沖縄県石垣島出身の幼なじみ3人が、東京で結成。結成当初はハードロックを演奏していたが、下手だと指摘され、のちにブルース調の楽曲を作るようになる。

イカ天出場

1989年9月2日、TBS系オーディション番組『平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国』(イカ天)にエントリーナンバー6番で出場。登場時トークではウチナーグチの発音にツッコミを入れられる、上地が「植木等と一字違いだ」と名前をネタにされるなど地方からの一参加者の扱いであったが、「恋しくて」を演奏した後評価は一転、主として歌詞の面で審査員全員の絶賛を受ける。グーフィー森は手放しで「好き」と言い切り、中島啓江は「詩が少なくても表している」伊藤銀次は「気持ちよくてまだこのあたり(首)痺れてる」と一言の意見もつけずに絶賛した。三宅裕司には「こういうバンドがチャレンジャーになったら比べるのが大変ですね、イカ天キングと」と評された。この週は2代目グランドイカ天キングに挑戦したNORMA JEANのファイナルステージであったが、結果的にNORMA JEANを倒して12代目イカ天キングとなる。

グランドイカ天キングを阻止されたNORMA JEANが番組終了後にメンバー全員で泣いていたことを、BEGINは今でも申し訳なく思っているらしく、2007年の『イカ天2007復活祭』においても心情を語っている。なお、イカ天出場が決まった日に比嘉栄昇の祖母が亡くなっている。葬式のため沖縄に戻たとき、もう東京に戻るなと言われてたが、イカ天出場が決まっていたため、番組出場のためだけに勝つ気もなく東京に出てきたところ、本人たちも予期せぬ大人気となった。

グランドキングへの道

番組史上初のグランドキングチャレンジ阻止バンドとなったBEGINは生島ヒロシが司会を務めた9月9日の2週目で「心ゆくまでブルース」を演奏。印象的な歌詞で話題をさらったポキールらを倒して勝ち上がったヴィンテージ(楽曲は「DRIVIN' GUITARS」。ベンチャーズ風の四人組でキャラクター賞を受賞)を、翌週9月16日には「Wonderful Tonight」でC-BA(エントリーナンバー5番。楽曲は「旅でスカ」。ベストヴォーカル賞を受賞)を倒して3週目を突破。4週目9月23日には「No Money Blues」を演奏。チャレンジャーunbelievable worldを退けた。なお、この3週の間には前述のポキールほかアブドラ・ザ・ブッチャーは是非ともスポーツ平和党、マリア観音も登場している。

彼らが勝ち抜くたびに、地元の石垣島は盛り上がり、宴席でイカ天を見る地元の人々の姿が番組内の特集コーナーで放映されたこともあった。

9月30日、「Lonely Night」で最後のチャレンジャーPSYCHO(楽曲は「いつかみた青い空」)を倒し、2代目グランドイカ天キングを勝ち取った。

この時期のBEGINの楽曲は、次の対戦が決まるたびに1週間かけて仕上げてきたものばかりだった。

Ke aloha nō! 小さなご相談でも受け賜りますのでどうぞご遠慮なくご来店下さい。船橋 住宅ピタットハウス塚田店であなたのお住まいを探してみませんか?地域に根ざした確かな情報をお届け致します!

メジャーデビュー

1990年3月21日にプロデビュー。 デビュー曲の「恋しくて」は、日産自動車のコマーシャルソングにも採用された。この曲でオリコン4位を記録する。1996年、アステル東京のPHS・コマーシャルソングに「声のおまもりください」が採用されスマッシュヒット。

2001年より沖縄慰霊の日の翌日を「うたの日」として『うたの日コンサート』を始める(2007年より『うたの日カーニバル』と名称を改め、この年より入場無料になった)。また、2011年6月26日(当初は6月25日の予定だったが台風のため順延された)には、それまで開催されていた沖縄本島を離れ、出身地でもある石垣島で初めて開催された。

2005年、デビュー15周年を記念し、初めての日本武道館および大阪城ホールにて記念コンサートを開催。大阪城ホールでのコンサートはトラブルにより延期となるが、代わりに大阪城ホールコンサートの予定日に万博記念公園にて1500円という破格で親子連れOKの野外コンサートを開催した。

2006年8月26日・8月27日、事務所の先輩であるサザンオールスターズの桑田佳祐の呼びかけにより、『THE 夢人島 Fes.2006』に参加。2007年4月から琉球放送で放送されているおきなわのホームソングを中心となって制作。

2010年3月21日、デビュー20周年を迎え、彼らにとって「第二の故郷」である大阪を選び、大阪城ホールで「BEGIN20周年記念歌えるだけで丸もうけ大阪城ホールコンサート」を開催。

Mahalo Hawaii♪

一五一会

誰でも簡単に弾けるのが特徴のギターと三線を合体させたようなオリジナル弦楽器「一五一会」(いちごいちえ)を作成し、セルフカヴァー、洋楽、スタンダードなど収めたアルバム『一五一会』シリーズを発表した。シリーズには通常の『一五一会』、廉価版の『音来(にらい)』、さらに小ぶりになった丸型の『奏生(かない)』が存在する。

交友関係

福山雅治と「年齢」「所属事務所」「デビュー年月日」「東京に出てきた年齢」が全く同じである。このため、お互いの親交も深く福山は自身のラジオ番組にBEGINがゲスト出演した際に「俺は4人目のBEGINだ」と言ったり、福山が沖縄に行った際にはふらりと比嘉の実家を訪ねたりしている。

夏川りみとは、同郷で古くからの知己。夏川の姉とBEGINメンバーが同級生という間柄でもある。後に夏川が森山良子作詞・BEGIN作曲の「涙そうそう」をヒットさせる。森山・BEGIN・夏川の3組でのコンサート・歌番組の出演も多い。

『ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン』のコーナー「イメージ3・2・1」で比嘉はYOU THE ROCK★と人気を二分するほど1位にされることが多かった有名人だった(ただし大半の表記が名前ではなく「BEGINのボーカル」だった)。なお、BEGINが『ロンドンブーツ1号2号のオールナイトニッポン』にゲスト出演したこともある。

津波信一と家が非常に近いので、よく一緒に飲んでいる。

その他エピソード

現在上地、島袋は東京住まいで比嘉のみ沖縄で生活しているが、そのためアルバム製作時やツアーの時はどちらかが一旦東京か沖縄にいかなければならず、比嘉はそのことを冗談交じりに語ることがある。なお、バンドのアルバム製作は東京での作業が中心であるが、『Ocean Line』はFM沖縄の一室を借り切って録音された。

本人たち曰く、知名度の割にはCDの売り上げが少ないそうである。さんまのまんま(2009年6月放映分)では、そのことを延々愚痴り、ホストの明石家さんまは「CD買ってあげて」と何度か発言した。