和柄アロハシャツで決めろ!男のモテファッションアイテム

アロハシャツを着こなす男性に好感が持てますか?アロハが似合う芸能人を紹介します。

チドリ科

チドリ科(チドリか、学名 Charadriidae)は、鳥類チドリ目の科である。チドリ(千鳥・鵆)と総称される。

日本文化と“千鳥”

古来日本では、野山や水辺に群れる小鳥たち、とりわけチドリなどの仲間を千鳥と呼び、親しんできた。また多くの鳥のことも千鳥あるいは百千鳥(ももちどり)と呼んだ。

多数が群れる「千の鳥」の意ともいい、また「チ」は鳴き声に由来するともいう。

古くは万葉集でも、千鳥を詠み込んだ歌が多数知られている。また箏曲・胡弓曲「千鳥の曲」は広く知られている。

俳句では、「千鳥」は冬の季語である。ただし実際の生態とは必ずしも一致しない。

Aloha Oe

意匠

通称「波に千鳥」は、古くから広く親しまれてきた和柄である。着物やさまざまな日用品のデザインとして広く使われてきた。さまざまなバリエーションがある。

家紋の中には千鳥をモチーフにした「丸に千鳥」や「波輪に陰千鳥」などがある。

◇丸に千鳥(まるにちどり)

◇五つ千鳥(いつつちどり)

◇陰三つ千鳥(かげみつちどり)

◇変り千鳥(かわりちどり)

◇波輪に陰千鳥(なみわにかげちどり)

特徴

分布

全世界(極地を除く)。

形態

メスよりもオスの方がやや大型である。上面と下面の羽毛の色彩が非連続的に分断された色彩の種が多く、これにより輪郭をとらえにくくなり保護色になると考えられている

頭部は丸みを帯び、眼は大型。嘴は短い。後肢が発達し、多くの種は第1趾が退化している。

生態

海岸、干潟、河川、湿原、草原などの様々な環境に生息する。飛翔力は強く、渡りを行う種が多い。発達した後肢により地表を素早く走行することもできる。

動物食で、昆虫、甲殻類、貝類、ゴカイなどを食べる。地表で獲物をついばんだ後に少し徘徊し、また獲物をついばむといった行動を取ることが多い。

地表に窪みを掘っただけの巣を作り、1回に2~6個(主に4個)の卵を産む。主に雌雄交代で抱卵する。

伝統的なチドリ科は単系統ではなく、ムナグロ属のみが離れた系統的位置にある。そのため、ムナグロ属を単型のムナグロ科 Pluvialidae として分離する説が出ている。ムナグロ科はチドリ科(ムナグロ科を除く)の姉妹群の基底に位置する。

かつてはマゼランチドリ Pluvianellus がチドリ科に含まれていたが、系統的に離れており、単型のマゼランチドリ科に分離された。

マダラゲリ(マダラチドリ)は単型のマダラゲリ属に分類されていたが、Bock (1958) によりタゲリ属に統合された後、Strauch (1978) などにより再分離された。系統位置は不確定で、タゲリ属の姉妹群だとする説や、タゲリ属よりもチドリ属に近縁だとする説がある。

コバシチドリ属にはかつて2種が属していたが、ノドアカコバシチドリが分離されてコバシチドリの単型属となった。チドリ属に含める説もあるが、チドリ属とはやや離れている。

Ke aloha nō!

歴史

かつては現在のチドリ科より広い範囲をチドリ科とすることもあった。Mitchell (1905) はシギ科(おそらくヒレアシシギ属を含まない)を、Lowe (1922) はミヤコドリ科(おそらくトキハシゲリ科を含む)・タマシギ科・レンカク科を、Mayr & Amadon (1951) はセイタカシギ科・タマシギ科・シギ科・ヒレアシシギ科(現在はシギ科の一部)を、チドリ科に含めた。これらのうちタマシギ科・レンカク科・シギ科は現在は別亜目のシギ亜目に分類されている。

Wetmore (1960) では現在とほぼ同じ範囲となった。ただしまだマゼランチドリ(ムナグロ属も)を含んでいる。また彼らは、ミヤコドリ科(トキハシゲリ科を含む)・セイタカシギ科・タマシギ科・シギ科・ヒレアシシギ科を加えチドリ上科 Charadrioidea とした。

Sibley & Ahlquist (1990) も、広い範囲をチドリ科とした。彼らのチドリ科はチドリ亜科(現在のチドリ科)とセイタカシギ亜科(現在のミヤコドリ科・セイタカシギ科・トキハシゲリ科)に分かれていた。マゼランチドリは外された。

Mahalo Hawaii♪

ご紹介している引越し業者数100社、その中から最大8社からの見積もりメールを貰うことが出来る引越しの見積もりといえばこちら! 近々引っ越しを検討されている方、気軽に引っ越し見積もりを複数から受けられるので是非ご利用下さい。

千鳥饅頭

南蛮菓子の一種である丸ボーロの中に白餡が入っているお菓子である。尚、この商品のアイデアは、当時の千鳥屋の主人であった原田政雄によるもので、「水鏡せると伝ふる天神のみあしのあとに千鳥群れ飛ぶ」という菅原道真の故事から名前を取り、「千鳥饅頭」と名付けられた。饅頭の表面の一番上に押してある千鳥の焼印が特徴である。

尚、全国に4社ある千鳥屋系同根企業のうち、東京都豊島区に本社を置く「千鳥屋総本家株式会社」では、唯一黄味あん入りの「千鳥饅頭」も製造・販売している。この黄味あん入りの千鳥饅頭は、表面の千鳥の焼印のデザインが通常の千鳥饅頭(白餡)とは異なっている。

また、福岡県福岡市博多区の「株式会社千鳥饅頭総本舗」では、「慶弔用特大饅頭(通常の千鳥饅頭の3~15個分のサイズ) 」という特別なサイズの千鳥饅頭も製造・販売されている。なお、以前は日立製作所等の大手企業の福岡を中心とした拠点向けに、焼印を社章にしたあいさつ回り用の特注品も一部で存在した。