和柄アロハシャツで決めろ!男のモテファッションアイテム

アロハシャツを着こなす男性に好感が持てますか?アロハが似合う芸能人を紹介します。

小錦八十吉 (6代)

小錦 八十吉(こにしき やそきち、本名同じ、1963年12月31日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身で現在は日本国籍(帰化)の元大相撲力士(高砂部屋所属)、株式会社ケーピー所属のタレント。現在はKONISHIKI(コニシキ)の芸名でタレント活動を行っている。他に子供向け教育番組などでコニちゃんの芸名を使用することもある。本名の旧姓は塩田、米国籍時代の本名はサレバ・ファウリ・アティサノエ(Saleva'a Fuauli Atisano'e)。愛称はサリー、コニチャン。現在の体格は身長184cm、体重153kg。血液型はAB型、星座は山羊座。

関取時代のプロフィールは、身長187cm、体重275kg(最重量時は285kg)。得意手は突き、押し。最高位は東大関(外国人初)。横綱を含む幕内力士としては3人目の小錦、十両以下を含めては6人目の小錦である。

生粋のハワイアンではなく、両親はサモアからの移民(ただしポリネシア人の身体形質・言語上の同質性は極めて高い)。10人兄弟の8番目。兄にアントニオ猪木と格闘技戦で戦ったこともあるアノアロ・アティサノエ。親族の中にアメリカのヒップホップグループ、Boo Yaa T.R.I.B.E.のメンバーがいる。

元大関で現役引退後は当初、年寄・佐ノ山を襲名し高砂部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、人気者だったため、タレントに転向。旧芸名は四股名をローマ字にした「KONISHIKI」であった。「小錦八十吉」は高砂部屋の由緒ある四股名であり芸名としての使用は許可されなかった。その代わり、ローマ字の「KONISHIKIは?」と聞かれて、ローマ字ならOKと許可が下りた。なお、この時点での名字は「塩田」であり、「小錦」と改姓した時期はその後、前妻と離婚し再婚した後である。芸名としては認められなかったが本名としては認められた。しかし、2010年5月に今後はハワイアン歌手としての活動を除き、本名の小錦八十吉名義で活動することを自身のブログで公表した。

Aloha Oe

エピソード

◇現役時代、ギネスブックの相撲の項目で「最も体重の重いプロスポーツ選手」と紹介されていた。

◇幕内に昇進した当時、小錦よりは体格が小柄な大錦という力士がおり、対戦時には「大きな小錦と小さな大錦」等と紹介されることもあった(ただし身長は大錦が186センチと小錦より2センチ大きい)。

◇小錦と同じ「花のサンパチ組」だった元横綱・双羽黒には上述の通り、1986年5月場所で取り直しの末右膝を大怪我させられたり、さらに1987年11月場所後に双羽黒は師匠らと衝突の末廃業してしまう。それを機に「原則として横綱昇進は大関で2場所連続優勝が絶対条件」となったため、「双羽黒は小錦の横綱昇進を阻んだ最大の加害者」と見る好角家も多かった。しかし小錦自身は双羽黒を恨んではおらず、逆に「あのケガがあったから大関になれた」とコメントしている。また小錦は、体重が余りに重すぎて大関時代の安定期は長かったと言えず、仮に横綱になれたとしてもその地位を長く守れる程の実力があったかは大いに疑問視されており、むしろ「横綱になれなかったからこそ『名大関』として名を残せたのではないか」という意見が一般的である。

◇1998年(平成10年)5月場所後の引退相撲では、小錦最後の取組が行われ、その対戦相手は「花のサンパチ組」の寺尾だった。小錦が現役最後の場所となった1997年11月場所、千秋楽の対戦は寺尾との予定で組まれていたが、先述通り境川理事長の「死に体で土俵には上がれない」という理由により、結局同場所千秋楽の寺尾戦は割り返されて幻となってしまった。その後小錦は、引退相撲で寺尾と最後の対戦を申し入れると、心残りだった寺尾も快く承諾。そしてその取組では、小錦が寺尾を押し出しての勝利となったが、その取組の後土俵上で小錦と寺尾はがっちりと握手を交わしていた(それ以前にも寺尾は、北勝海と琴ヶ梅の引退相撲で二人共に、最後の取組相手として指名されて勝負していた)。

◇現役時代からそのキャラクターは際立っており、乾電池のCMに出演するなどしてTVへの露出は多かった(なお、大関時代に力士のCM出演が禁止されており、それがなければもっと露出は多くなっていたとされている)。

◇現役時、エアロスミスのアルバム『Big Ones』の裏ジャケットに小錦の取り組み前の姿を正面から撮影した写真が使用され、日本相撲協会から事情を聴取されたことがある。

◇風雲たけし城の「コニシキ君」、漫画『スクラップ三太夫』の「スモウロボ」、『武天のカイト』の「ビッグ・ダディ」、『ああ播磨灘』の「富嶽」など小錦をモデルとする、モデルとすると思われるキャラクターは多い。

◇藤波辰爾や加藤博一と親交があり、藤波の影響で(現役中から)ハワイの青少年育成活動に取り組むようになった。

◇北天佑が死去した際、その弔問にアロハシャツ姿で現れた。なお、アロハは出身地のハワイの正装であるが、日本では「リゾート着」として着用されることが多いために、「礼儀を欠く」と勘違いするものも多かったが、日本相撲協会退職後ということや、ハワイの正装であるということが伝わったこともあり批判は起きなかった。

◇また、北天佑とは結果的には同時代の大関となったが、現役時代は最大の苦手であったという。小錦が北天佑より番付下位の時代だったが、小錦は北天佑から初顔以来6連敗を喫した。勝った「取り直し」の相撲も、前述したとおり「物言いの一番」で北天佑を負傷させてのものであった。北天佑に横綱を狙う力がなくなってからも、小錦はたびたび苦杯を嘗めさせられた。

◇初顔合わせで横綱・千代の富士に完勝こそしたが、その後の取り組みでは千代の富士の躍動感ある相撲に、まるでついていけていない場面が目立ち、最終的な対戦成績は小錦の9勝20敗で大きく負け越してしまい、横綱との実力差を見せつけられた恰好となった。特に昭和60年春場所に華麗な下手ひねりで敗れた際は悔しさを露わにしていた。

◇中央競馬の馬券の券種である拡大馬番連勝複式の愛称が「ワイド」に決まった際に、その体型にちなんでCMキャラクターとして採用される。なお、後年中央競馬会で「21世紀の名馬」を著名人に挙げてもらった際には、同じ外国出身の馬であるエルコンドルパサーを挙げている(ただしこれは自分がプレゼンターを勤めたレースの勝利馬であるということも影響していると思われる)。

◇国技館に常設されている力士専用トイレの個室便器は、彼が使用すると小さすぎたために、後に陶器メーカーに特注することになったといわれている。

◇ゴルフをした時に最初はゴルフシャツを着ていたが、途中で日焼けの痕が残ることを気にして裸になってプレーした(「クイズダービー」第597回(1987年7月4日放送分)の5問目より)。

◇同郷のプロ野球選手ベニー・アグバヤニ(元千葉ロッテマリーンズ)と親交がある。

◇2009年6月22日にゲスト出演した日本テレビ系列おもいッきりDON!にて、自身の宝物として、カール・ルイスのサイン入りNIKE製の陸上競技用スパイクを披露し、1991年の世界陸上東京大会にて、9.86の世界新記録を達成したスパイクを、その場で頂いたものである説明した。しかしながら、1985年以降、カール・ルイスはミズノと契約し、該当、世界陸上においても、当然ミズノ製スパイクで世界新記録を達成している。また、該当大会においては、レース前後とも、スパイクは国際陸上競技連盟による、検査を受けるため、第三者に譲渡することは不可能である。日本テレビは該当大会の独占放送を行っていたため、当時のレースの模様も放送したが、1991年当時には、カール・ルイスの足元から、ランバードのデザイン入りのスパイクを映していたにもかかわらず、おもいッきりDON!では、カール・ルイスの足元は写すことはなかった。当時、ミズノ社が行ったスパイク開発をNHKのプロジェクトX~挑戦者たち~の第8回放送「カール・ルイスの魔法の靴 超軽量シューズ・若手社員の闘い」にて 特集している。KONISHIKIが所持するスパイクは、1984年ロサンゼルスオリンピック時のNIKE製カール・ルイスモデルと思われる。

Ke aloha nō!

略歴

◇1982年7月場所 - 髙砂部屋入門、初土俵。

◇1983年11月場所 - 新十両。

◇1984年7月場所 - 新入幕。

◇1984年9月場所 - 初の金星(隆の里・千代の富士)、初の三賞(殊勲賞、敢闘賞)受賞。

◇1984年11月場所 - 新三役(小結を飛び越えて関脇に昇進)。

◇1987年7月場所 - 大関昇進。

◇1989年11月場所 - 初の幕内最高優勝(14勝1敗)。

◇1991年11月場所 - 2度目の幕内最高優勝(13勝2敗)。

◇1992年3月場所 - 4人による優勝争い、千秋楽に2敗同士の大関霧島との相星決戦を寄り倒しで下して3度目の幕内最高優勝(13勝2敗)。

◇1993年11月場所 - 大関陥落。

◇1997年11月場所 - 現役引退、年寄・佐ノ山を襲名。

◇1998年5月 - 小錦引退佐ノ山襲名大相撲(断髪式)。

◇1998年9月 - 日本相撲協会を退職、タレントへ転向。

大相撲時代の成績

通算成績

◇通算成績:733勝498敗95休 勝率.595

◇幕内成績:649勝476敗89休 勝率.577

◇大関成績:345勝197敗43休 勝率.637

◇幕内在位:81場所(当時歴代3位タイ、現在7位)

◇大関在位:39場所(当時歴代3位、現在6位)

◇三役在位:12場所(関脇9場所、小結3場所)

◇連続6場所勝利:75 (1991年5月場所~1992年3月場所)

◇通算(幕内)連続勝ち越し記録:12場所(1986年9月場所~1988年7月場所)

◇幕内2桁連続勝利記録:6場所(1991年5月場所~1992年3月場所)

◇連勝記録:22(1982年7月場所4日日~1983年3月場所10日目・前相撲→三段目時代)

各段優勝

◇幕内最高優勝:3回(1989年11月場所、1991年11月場所、1992年3月場所)

◇十両優勝:2回(1984年3月場所、1984年5月場所)

◇序二段優勝:1回(1982年11月場所)

◇序ノ口優勝:1回(1982年9月場所)

三賞・金星

◇三賞:10回

殊勲賞:4回(1984年9月場所、1986年9月場所、1986年11月場所、1987年1月場所)。敢闘賞:5回(1984年9月場所、1985年5月場所、1985年11月場所、1986年3月場所、1987年5月場所)。技能賞:1回(1986年3月場所)

◇金星:2個

千代の富士:1個、隆の里:1個

Mahalo Hawaii♪